Sportsスポーツ

2018.06.21号掲載

センダイガールズプロレスリング

センダイガールズプロレスリング


広報から試合会場設営、雑務まであらゆる業務をこなし「センダイガールズプロレスリング(仙女)」を裏で支えているのが、この春、新卒採用された鈴木聖矢さんだ。22歳の男性新人スタッフが語る、仙女の魅力とは?

仙台大出身の鈴木さんは、もともとは男子プロレスのファンだった。「男女差別するわけではありませんが『女子プロレスの技は迫力や説得力がない』と思い込んでいました」。しかし、大学4年の秋に初めて仙女の試合を見て、衝撃を受けた。「男子に引けを取るどころか、それ以上かもしれない。それほど試合が面白く、魅力的でした」

大学でスポーツマネジメントを学び、裏方業務の重要性を痛感した鈴木さんは、社員を募集していなかった仙女の門をたたき、採用を勝ち取った。入社から間もなく3カ月。7月に開催される「仙台PIT大会」を「仙女にとって新たなスタートとなる試合」と位置付け、集客に力を注ぐ。

センダイガールズワールドチャンピオンシップの王座は現在、前チャンピオンのベルト返上により空位になっている。これにDASH・チサコ、橋本千紘の両選手が挑戦者として名乗りを上げ、6月24日㈰に開かれる「新崎人生25周年記念大会」(みちのくプロレス主催)でタイトルマッチが行われることになった。そこで決まる新チャンピオンの初陣が仙台PIT大会だ。

「仙台PITは仙女初の会場。収容人数はこれまで試合をしてきた宮城野区文化センターの倍あります。ぜひ、多くの方に見ていただきたいです」とアピールする。

鈴木さんは大学の卒業論文で「プロレスの観客の観戦動機」をテーマに研究し「男性より女性の方が熱狂しやすい」と結論付けた。「一度はまったら女性は末永く応援してくれるはず。もっと女性ファンを呼び込みたい」と奮闘している。

【試合情報】

新崎人生25周年記念大会

6月24日㈰14:00開場、15:00試合開始
会場/仙台サンプラザホール 
   宮城野区榴岡5-11-1
問/みちのくプロレス ℡019-687-2431


仙台PIT大会

7月27日㈮18:30開場、19:00試合開始
会場/チームスマイル・仙台PIT 
   太白区あすと長町2-2-50
問/仙女事務所 ℡022-395-6945
  (平日10:00~12:00、13:00~18:00)

 

女子すぽ

ベガルタ仙台 仙台89ERS 女子すぽ 楽天イーグルス