Sportsスポーツ

2019.05.23号掲載

センダイガールズプロレスリング

センダイガールズプロレスリング

センダイガールズプロレスリング(仙女)の試合観戦の記念に手に入れたいのが、Tシャツやタオル、ポートレートなどのオリジナルグッズ。購入すると選手がサインや記念撮影に応じてくれることもあり、ファンと交流する機会にもなっている。グッズにまつわる裏話を選手たちが教えてくれた。

仙女のグッズは団体オフィシャルから選手個人のオリジナル、大会記念品まで多種多様。選手の意見やファンのリクエストから生まれた商品もあり、物販担当の岩田美香選手は「男性ファンが多いので、色使いなどは男性向けを意識しています。特に黒色が売れ筋ですね」と話す。

「自分自身が着たいデザインで作っています」と打ち明けるのはオリジナルのTシャツやパーカーを数多く手掛けてきたDASH・チサコ選手。チサコ選手オリジナルのTシャツは著名人らにも着用され、話題を集めている。


ポートレートは数量限定

A4サイズのポートレートも人気アイテムの一つ。1デザインにつき30枚程度の数量限定で数試合ごとに販売され、ファイルに入れてコレクションするファンが少なくない。

スタジオでのポーズ写真から試合中の姿を撮影したものまでバリエーションはさまざま。岩田選手はこれまで成人式記念の振り袖姿や、アームカバーを着け忘れて腕がむき出しになったレアなコスチューム姿、鼻血を流した姿など、個性あふれるポートレートを作ってきた。他の選手と比べリング上での写真が少ないのは、本人いわく「試合中の表情が険しすぎて“売り物”にならないため(笑)」。

「今後は私服姿や『サンタ服』のような季節感のあるポートレートも撮って、物販ブースをさらに盛り上げたい」(岩田選手)とのことなので、新作に期待しよう。

【試合情報】

●仙台PIT大会

5月27日㈪
19:00試合開始、18:30開場
会場/チームスマイル・仙台PIT
   太白区あすと長町2-2-50
問/仙女事務所
  ℡022-395-6945
  (平日10:00~12:00、13:00~18:00)

女子すぽ

ベガルタ仙台 仙台89ERS 女子すぽ 楽天イーグルス