Sportsスポーツ

2020.02.20号掲載

センダイガールズプロレスリング

センダイガールズプロレスリング

 

センダイガールズプロレスリング(仙女)で、けがからの復帰に向けて療養中の岩田美香選手。現在は仙台の道場で回復に向けたトレーニングに励みながら、セコンドとして試合に帯同している。療養中もファンとの交流を大切にしようと、ツーショット会やサイン会などにも尽力する。


昨年6月の東京・新木場大会で負傷し、椎間板ヘルニアを発症した岩田選手。プロレス選手治療の経験豊富な専門医と相談し、手術をしないで治療する保存療法を選択した。それでもプロ生活の中で最長となる試合休場に、「自分の弱さ、甘さがけがにつながりました。(気持ちが)どーんと落ちることもありました」と振り返る。

支えとなったのは「待っているよ」という多くのファンからの言葉。「焦る気持ちもありましたが、皆さんからの声にすごいパワーをもらいました」とかみしめる。特に大きな力になったのが、昨年10月の仙台サンプラザ大会だったという。入場式のリング上で声援に包まれ、大会後の撮影会でも多くの励ましを受けた。「仙女は仙台に根付いている団体。ファンがまるで家族のように一つになって応援してくれていると改めて感じました。仙台の人は温かいな、自分は仙女にいて良かったな、と思いました」

仙台サンプラザ大会のリングサイドでは、仙女の仲間が次々とベルトを奪還する姿を目にした。「正直、『自分も試合をしたかった』という気持ちもあって、うれしさと悔しさが入り交じって泣いていました」と打ち明ける。

実家のある福岡で家族のサポートを受けて療養に専念し、順調に回復。今では仙女の道場で、マット上での受け身の練習や、筋トレなども再開している。ファンへの感謝の思いを込め、これまで以上にSNSの更新頻度を上げ、ファンとの交流も積極的に取り組んでいる。

7月12日㈰にデビュー5周年になるのを前に、「今年は自分にとって大きな年」と話す岩田選手。復帰まで、あと一歩だ。

「プロレスへの“飢え”はこれまで以上に高まっています。仙女のベルトもぜひほしい。後輩も育っている中、自分も負けずに大きな壁と戦っていきます。期待していてください」とファンに向けて力強く語った。

「今からがスタート」と語る岩田選手


【試合・イベント情報】

■仙女ちゃんこイベント
4月4日㈯13:00〜15:00
会場/仙台ガールズプロレスリング道場
   若林区清水小路1明善倉庫
■宮城野区文化センター大会
3月28日㈯17:30開場、18:00試合開始
会場/宮城野区文化センター
   宮城野区五輪2-12-70


問/仙女事務所
  ℡022-395-6945
  (平日10:00~12:00、13:00~18:00)

女子すぽ

ベガルタ仙台 仙台89ERS 女子すぽ 楽天イーグルス