Yamagata旬観やまがた

2018.10.18号掲載

自然の恵み豊かな山形県村山地方に、実りの秋がやってきた。果樹がたわわに実をつけ、新そばが登場するこの季節を待ちわびて、毎年訪れる人も多い。仙台市内からのアクセスも良好な村山地方へ、おいしいプチグルメ旅に出掛けよう。

旬を迎えるラ・フランスを味わおう

産地で味わう
ぜいたくな時間

フルーツ狩り

高品質で味の良い果物の産地として、全国的にも知られる山形。これからの季節は、ラ・フランスやリンゴがお薦めだ。取れたての果物を購入したり、フルーツ狩りを楽しんだり、農園併設のカフェで産地ならではのスイーツを味わったり、さまざまな楽しみ方ができる。


贈答用としても人気のラ・フランス


贈答用にも人気の高いラ・フランスは、最もおいしい状態で消費者に届けるため県で統一の販売解禁日を設ける。今年は10月22日㈪で、当日はみずみずしい「初物」目当てに大勢が訪れそうだ。

フルーツ狩りは村山地方各地で楽しめる。蔵王山麓に果樹園が広がる上山市は、リンゴ、ラ・フランス、ブドウなど多品種のフルーツ狩りができる。天童市では、多くの農園でリンゴ狩りを受け付けている。農園直営のカフェもあり、新鮮なフルーツをたっぷり使ったぜいたくなパフェなどが味わえる。この他、東根市、寒河江市などでもリンゴを中心に果物狩りができる。農園ごとに個性があるので、お気に入りを見つけよう。

観光果樹園についての詳細は「やまがた観光情報センター」または、各市町の観光物産協会などへ問い合わせを。

■東根市観光物産協会
℡0237-41-1200
■天童市観光物産協会
℡023-653-1680
■JAさがえ西村山周年観光農業案内所
℡0237-86-1811
■上山市観光物産協会
℡023-672-0839



町自慢の物産が
一堂に集まる

大江物産味覚まつり

山形県のほぼ中央に位置する大江町。東に母なる最上川、西に日本百名山の一つ朝日連峰を望み、その間を清流・月布川が流れる美しい町だ。

豊かな自然を生かし、果物や野菜、米などの栽培が盛ん。今年もおいしく実った作物と地元自慢の物産を一同に集めた「おおえの物産味覚まつり」が、11月11日㈰に大江町中央公民館で開かれる。

昨年のイベントの様子

人気ブランド米「つや姫」と山形県の新品種「雪若丸」の食べ比べセットや、柳川温泉宿泊券などが当たる抽選会のほか、果物や花のプレゼント、リンゴ品評会、リンゴとラ・フランスの即売会、ステージライブなど、おいしくて楽しい催しが盛りだくさん。パトカーなど「はたらく車」や、ご当地キャラもやって来るので、子ども連れでも楽しめそう。

■おおえの物産味覚まつり
 日時/11月11日㈰ 9:30~14:30
 会場/大江町中央公民館・駐車場内
    山形県大江町本郷丁373-1
 問/おおえの物産味覚まつり実行委員会
   ℡0237-62-2111


食通うならせる
こだわりの味わい

そば街道

食通をうならせる山形のそば。村山地方では、夏と冬、昼と夜の寒暖差が風味豊かなそばを育み、職人の腕とこだわりがそば文化を伝承してきた。特に、10月下旬から出回る新そばは、この時季にしか味わえないすがすがしい香りが大きな魅力だ。

白く愛らしい花を咲かせるソバ畑

村山地方には、村山市、尾花沢市、大石田町に「三大そば街道」と呼ばれる地域がある。いずれも「ひきたて・打ちたて・ゆでたて」にこだわった名店がそろう。

「最上川三難所そば街道」(村山市)は、大きな木箱に盛りつけた昔ながらの「板そば」が特徴的。「おくのほそ道尾花沢そば街道」は職人気質のこだわりの店が多く、打ち方やつゆの味などで個性を競い合う。「大石田そば街道」は、門外不出の在来種「来迎寺」や次年子地区の地そばなど、ここだけの味わいが人気だ。どの地区でも、そば打ち体験もできる。

箱型の木の器で出される「板そば」

新そばが出始める時季は、ちょうど紅葉も見頃。秋の一日、赤や黄に染まる山々を眺めながら、そば街道めぐりのドライブを楽しんでみては。

■最上川三難所そば街道
 問/村山市商工観光課
   ℡0237-55-2111
■おくのほそ道尾花沢そば街道
 問/ゆう遊三昧会事務局
   ℡0237-22-0151
■大石田そば街道
 問/大石田町観光協会
   ℡0237-35-2111


農園での収穫体験と、取れたて食材のランチがセットになった「週末は山形で農園ランチ」が、4年目を迎えてますます好評だ。2019年3月31日㈰までの「秋・冬メニュー」には13農園が参加し、果物、野菜、キノコなど種類豊富。お気に入りの作物や農園を選んで、山形の秋を堪能しよう。

 

おかみさんとの
会話も楽しい

農家レストラン「蔵」

尾花沢市の山あい、細野地区にある、民家の蔵をリノベーションした農家レストラン。地元の旬の食材をふんだんに使った料理と、おかみさんたちの温かいおもてなしが人気だ。

民家の蔵を改装したレストラン


イベントでは、山菜や野菜の収穫体験をした後、手打ちそばが付く山菜ランチを味わう。清流がきらめく静かな集落で、収穫に汗を流せば気分は爽快。野菜不足や運動不足が気になっている人にはうってつけだ。陽気なおかみさんたちとのおしゃべりも楽しい。

旬の食材をふんだんに使った料理をいただける


気軽に参加できる「ランチのみ」のプランもある。大正ロマン漂う人気の銀山温泉もほど近いので、立ち寄ってみては。2月下旬からは、雪原を歩き、イタヤカエデの木から樹液を取り出す「メープルサップ採取体験」を実施予定。

■農家レストラン「蔵」
 実施日/10月28日㈰までの土・日曜
 ※2月以降の実施日は問い合わせを。
 ※ランチのみのプランは、2019年3月31日㈰までの土・日曜、祝日に実施
 定員/2名から 
 料金/3000円
 集合/農家レストラン「蔵」
    (尾花沢市細野552)


茎まで柔らかい
新鮮ブロッコリー

青柳農園

収穫したブロッコリーは1玉持ち帰りできる

今回初参加となる中山町の青柳農園では、ブロッコリーの収穫体験を行う。朝どり、朝出荷をモットーに新鮮な野菜を届ける作り手の思いに、直接触れることができる。


日中に太陽の光で作り出した養分を、夜の間に蓄え、おいしくなる野菜。朝露のついたブロッコリーは茎まで甘く、取れたては驚くほど柔らかい。ビタミン類やミネラル、ベータカロテンなどを多く含み栄養面でも優等生だ。

収穫体験をしながら、おいしい食べ方や保存法、栄養分を壊さない調理法など、農家ならではの知恵も教わってみては。ランチプランはなく、収穫体験のみの実施。

■青柳農園
 実施日/12月2日㈰までの土・日曜、祝日
 定員/2名から
 料金/600円(ブロッコリー1玉持ち帰り可)
 集合/中山町中央公民館
    (山形県中山町大字長崎6010)


甘~いフルーツ
シェイクでいかが

仲野観光果樹園

これぞ「果樹王国・山形」。サクランボ、桃、ブドウ、リンゴなど年間を通してフルーツ狩りが楽しめる果樹園。併設するカフェにはジュースやシェイク、パンケーキ、フレンチトースト、パフェなど、心躍るメニューがそろう。新鮮な旬の果物をぜいたくに使い、味はもちろん「写真映え」もバッチリだ。

おしゃれな雰囲気のカフェ


イベントでは、旬の果物を2個もぎ取り、そのうち1個をカフェでフルーツシェイクに、もう1個はお土産にできる。取れたて果物のフレッシュな風味が生きた、とろ~り甘いシェイクは、他ではなかなか味わえない逸品だ。

旬のフルーツを使ったシェイク

近くには「天童温泉」「さくらんぼ東根温泉」など泉質の良い温泉が点在。体験後の体をほぐし芯から温まって、極上の休日を過ごそう。

■仲野観光果樹園
 実施日/11月25日㈰までの土・日曜、祝日
 定員/2名から
 料金/大人1400円、小学生1300円、未就学児(3歳以上)1200円
 集合/仲野観光果樹園
    (天童市大字川原子1784-5)