河北新報ニュース河北グループの社会貢献活動>かほく「108」クラブ

 かほく「108」クラブは、河北新報グループに働く従業員と、その活動を応援しようとするグループ企業で構成された社会貢献クラブです。

 河北グループが、そこに働く従業員の自主性、自発性に基づく活動を支援し、これまでの企業活動から一歩踏み出した社会貢献活動を進めてもらおう、との思いでつくったフィールドです。そしてこの活動が、従業員の社会参加意識の向上と、グループの企業風土の活性化に必ずつながるものとの思いも込められています。         詳細はこちら

2022年2月24日

かほく「108」ファンド2022 申請受付中!

テーマは「育む」

将来を担う子どもたちの心と体を育む活動を支援します

kahoku108_a.pdf

2022年度の、かほく「108」ファンド助成を実施します。

テーマは「育む」。助成対象は、宮城県に根差して活動している団体が行う、子どもたちの心と体を育む活動です。子どもと共に、地域での成長を目指す活動を募集します。

ただし、準備作業を含め、密閉・密集・密接の3密を避け、マスク・手洗い・換気の徹底など新型コロナウイルス感染防止対策を十分取って行われる活動に限ります。コロナ下の活動モデルとして他団体の参考になるような創意工夫を期待しています。

〈概要〉

◎助成金額/総額100万円。1件当たり上限20万円

◎助成対象の団体/宮城県に根差して活動している団体

◎助成対象の活動/子どもと共に地域での成長を目指す活動                 

(子育て・学習支援、健全育成など)

〈申請受付〉

2022年3月1日(火)~31日(木)=消印有効=

郵送のみ受け付けます。

送付先:〒980-8660 河北新報社総務部内(住所不要)

    かほく「108」クラブ事務局

〈スケジュール〉

1次審査:書類選考。4月中に決定、通知。

2次審査:プレゼンテーション形式。5月中旬。

※2次審査会場は河北新報社(仙台市青葉区五橋1-2-28) 

※助成には2次審査への参加が必要です。

(感染状況によりリモート参加を設ける場合があります)

〈要項・申請用紙〉

みやぎNPOプラザなどで配布しています。

下記からもダウンロードできます。

・募集要項 募集要項2022.pdf

・申請用紙①② ※①はA3判、②はA4判

*pdf 申請書類①申請書2022.pdf 申請書類②予算署2022.pdf

*Word 申請書類①申請書2022.doc 申請書類②予算署2022.xls

*****************************

かほく「108」クラブ事務局

℡022-211-1406

E-mail : k108@po.kahoku.co.jp

         

2021年9月27日

子育てのご近所さん「ただいまおかえり」

2021年度助成団体紹介‐5

 宮城県最南端のまち、丸森町で子育て支援の活動をしている「子育てのご近所さん『ただいまおかえり』」です。このたびは私たちの活動"育てやま 農と暮らしを体験する会"に助成いただき、ありがとうございます。

 体験する会では、ヤギや鶏、ウズラなど動物たちとのふれあいや、ツリーハウス登り、木製遊具遊び、農作業や餅つきといった季節行事などを体験することができます。屋外の広い空間でゆったり過ごしてリフレッシュし、体験を通じて学べます。親子で、個人で、お友達と一緒に、大人も子どもも思い思いの時間を過ごしていってもらいたいと思います。ごく小さいですが、図書室もあります。田畑で発見した動植物を調べてみるのも楽しいかもしれません。

子育てのご近所さん.jpg

ティーチみやぎ(仙台市)

2021年度助成団体紹介‐4

 ティーチみやぎは、2011年6月に設立した自閉症スペクトラムの専門事業所です。このたび108ファンドの助成を受けることで、コロナ対策費を準備でき、安心して相談者を迎えることができます。ティーチみやぎの事業は次の3つです。①コンサルテーション(自閉症支援事業所) ②研修(親、支援者、保育所、事業所) ③相談(親、保育士、教員、専門家)準備中

  今までの相談、研修事業で親が育ち、障害や子どもの特性を理解できる力がつくことを実感しています。私たちの思いは、親を支援し寄り添うこと、そしてコンサルテーションや研修を通して次世代を育成することです。皆様のご厚意に応えられるよう、相談事業をさらに充実させていきたいと思います。

(写真は相談事業のイメージ。相談者は写っていません)

ティーチみやぎ.jpg

 

一般社団法人 sc.field (仙台市)                

2021年度助成団体紹介-3

 「子供が元気になるためにはまずは親を元気にする!」をコンセプトに、親も子も両方楽しめる「おやこフェス」をこれまでに8回開催(仙台、気仙沼、石巻など)しました。3万人以上の親子に参加いただいた人気イベントです。

 コロナ禍で行き場を失い、鬱々(うつうつ)としている親子が多い今だからこそ、「おやこフェス」は必要です。今年度は、Instagram live×リアル限定100組親子招待のハイブリッド開催を計画しました。ファンドのおかげで、7月4日、青葉の風テラスでの「おやこフェス2021」の開催が決定いたしました! 心より感謝いたします。より多くの親子を笑顔にできるよう準備してまいります。どうぞご視聴ください。

S.C Field.jpg

 

 

 

 

 

 

 

外国人の子ども・サポートの会(仙台市)

2021年度助成団体紹介-2

この度は、ファンドの3回目の助成をいただきました。心から感謝申し上げます。

現在、小中高生とサポーターが1対1で学習サポート活動を行っています。オンラインが使えない生徒がいるので、郵便によるプリント教材の添削をベースにし、可能な生徒はオンラインを併用しています。

今回は、その郵便切手代と教科書購入に助成をいただきました。遠隔学習が可能になり、県南・県北の子どももサポーターも参加できます。ネパールとフィリピンに一時帰国後、日本に再入国できない生徒も勉強しています。

生徒が学校の授業に参加する力をつけるために、今後は対面と遠隔の2つのサポートを活用する方向で活動していく予定です。

生徒とサポーター(外国人の子ども・サポートの会).JPG