東北発展のために

河北新報社 本社河北新報社 本社

 河北新報社は1897年、一力健治郎により創刊されました。社是に「東北振興 不羈独立(誰の援助も受けず、独立の立場で言論の自由を守る)」を掲げて東北で暮らす人々の目線に立った報道を120年間一貫して続け、東北の発展とともに歩んできました。

日々の紙面日々の紙面

 人々の生活の安全を揺るがす災害や事件事故の発生をはじめ、政治や行政、経済、スポーツ、街の話題、生活、文化といった東北で日々起こる出来事をいち早く取材し、きめ細かく伝えてきました。東日本大震災後は震災報道と復興への後押しに全力を傾けてきました。

 半年から1年以上にわたるキャンペーン報道で、社会に対する問題提起も行っています。2018年度には東日本大震災に関する二つの連載「止まった刻(とき) 検証・大川小事故」「『いのちと地域を守る』震災伝承・防災啓発プロジェクト」で新聞協会賞をW受賞しました。新聞協会賞受賞は12回目になります。

< 日本新聞協会賞受賞歴 >
編集部門1973年度連載企画「植物人間」
1983年度「スパイクタイヤ追放キャンペーン」
1992年度「考えよう農薬、減らそう農薬キャンペーン」
1994年度連載写真企画「こころの伏流水―北の祈り」
1996年度連載写真企画「イーハトーブ幻想―賢治の遺した風景」
1997年度連載企画「オリザの環」
2011年度東日本大震災の一連報道
2014年度連載写真企画「潮路はるかに 慶長遣欧使節船出帆400年」
2018年度連載企画「止まった刻(とき) 検証・大川小事故」
経営・業務部門1991年度「事務改善・OA推進運動―多段階方式の管理部門活性化戦略の展開」
1996年度「広告業務への電子技術導入による高能率化・省力・省人化の達成」
2018年度「いのちと地域を守る」震災伝承・防災啓発プロジェクト

連載1回目の鶴ヶ城のシルエット連載1回目の鶴ヶ城のシルエット

 毎日のニュースを追う一方、時代の中に埋もれた事実を掘り起し後世に伝える役目も果たしています。河北新報創刊の由来にもなった戊辰戦争(1868年)から150年を迎え、明治新政府に敗れ「賊軍」の汚名を着せられた東北諸藩の側から歴史をひもとく大型企画「奥羽の義」を展開しています。

仙台・青葉まつり仙台・青葉まつり

 東北の四季を彩る自然や祭りやイベント、サッカーJ1ベガルタ仙台、プロ野球東北楽天、バスケットボールB2仙台89ers(エイティナイナーズ)といった地元プロスポーツの活躍もどこよりも手厚く取材し、地域の盛り上げに一役買っています。

東北楽天 日本シリーズ優勝東北楽天 日本シリーズ優勝

 芸術・文化の根が広がるよう、河北美術展や河北工芸展といった催しを毎年開催。東北の発展のために尽力した人を表彰する河北文化賞も創設し、これまで約350の個人・団体に贈呈してきました。

青森ねぶた祭り青森ねぶた祭り

 営業面では、仙台圏を中心とした地元のレジャーや飲食店情報などを手厚く盛り込んだフリーペーパー「河北ウイークリーせんだい」「OLE(オーレ)」など広告サブ媒体も発行しています。最近ではイベント連動型の企画やクーポンアプリとの連動などに取り組み、紙媒体とウェブを組み合せた提案を企業に行っています。

定禅寺ストーリートジャズフェスティバル定禅寺ストリートジャズフェスティバル

 紙媒体の新聞離れが進む中でパソコンやスマートフォンでも手軽に新聞を読んでもらえるよう、電子画面で記事を閲覧できるウェブサイト「河北新報オンラインニュース」も配信。若い世代に新聞に慣れ親しんでもらうため、「NIE(教育に新聞を)」にも力を入れています。

SENDAI光のページェントSENDAI光のページェント
福島・三春の滝桜福島・三春の滝桜