河北新報特集紙面2015

2016年3月16日 河北新報掲載
レポート 観光型支援プロジェクト 出会った、受けとめた。町の魅力と人の思い。

レポート 山元町を深く知るツアー 実施/2016年1月30日 参加者/54人 観光型支援プロジェクト 出会った、受けとめた。町の魅力と人の思い。

540通もの応募をいただいた今回の山元町ツアー。福島、東京、大阪など県外からも多数の参加となりました。1日を通じて「やまもと語りべの会」の渡邉修次さんら地元の皆さんに、震災を体験し、震災を乗り越え、ここで生活している人だからこそできる山元町の案内をしていただきました。地元産のホッキ飯、地域の農業をけん引する園芸施設でスタッフの皆さんがおいしさを追求して育てたイチゴも堪能。地元の皆さんと触れ合いながらお菓子を作ったり、迫力ある和太鼓を楽しんだりするひとときもありました。被災と復興、そして山元町の将来に向けた取り組みなど、町の皆さんの思いをしっかり受けとめた1日となりました。

やまもと語りべの会会長
渡邉修次さん

もっといい山元町にしていくために

次の災害に備えて悲しい思いをする人を少なくする、震災前よりもっといい古里をつくることが亡くなった人たちに報いる、それが残された私たちの道だという思いで語りべを続けています。そして、いい古里をつくっていくためにも、山元町の良さを私たち自身が見つめ、せっかく訪ねていただいた方たちにも伝えていきたいと思っています。今回のツアーを通して山元町の魅力の一端を感じとっていただければうれしいです。

私たちだからこそ持ち帰れるもの

フォトジャーナリスト 安田菜津紀さん

今日は参加者の皆さんと同行させていただきました。全壊した中浜小学校の前で、語りべの皆さんは「地元の人の中には、沿岸になかなか近づけない方もいる」と話していました。なので、訪れた私たちだからこそ行ける、私たちだからこそ持ち帰ってこれる何かがあるのだと思います。まだまだ乗り越えていかなければいけないものがある一方で、山元町にはイチゴやリンゴなど人を呼び込めるような宝ものがたくさんあると実感できました。その両面を、私自身も含めて地元に持ち帰っていければと思います。

東京の「丸の内東北応援フェア」で
安田菜津紀さんと渡邉修次さんがトークショー

山元町の今を多くの人に

3月3、4日に開催された「丸の内東北応援フェア」(主催三菱地所、河北新報社)のステージで、首都圏での風化を防ぐことを目的として安田菜津紀さん、渡邉修次さんによるトークショーを開催。安田さんが撮影したツアー当日の写真などを見ながら、山元町の現状を来場者に伝えました。

被災の傷跡、復興の兆し山元町の今を実感

真新しい災害公営住宅、工事中の常磐線高架線路など復興の兆しも見られましたが、まだ被災の傷跡も。全壊したままの旧中浜小学校では、参加者は積もった雪もいとわず校舎の近くに。津波は必ず来る、歩いて逃げたら間に合わない、上で待とう、との判断で児童・教職員・近隣住民約90人が屋上の三角屋根に逃れて助かった、と渡邉さんが解説。

旧山下駅前にある橋元商店では山元町特産品を販売。向かいの同店倉庫「みんなの写真館」では、中学生などによる写真修復活動で提供してもらった写真や震災直後の写真など約1500枚を展示しています。

山元産のホッキ飯とイチゴ狩りを満喫

昼食は、地元産のホッキ貝で作った地元「魚やたけだ」製ホッキ飯。新鮮な旬のホッキをそのまま生かしたやわらかく豊かな味わいが絶品でした。

先端施設園芸に取り組む「GRA」では、4000平方メートルのハウスで約3万株のイチゴを生産。時期によって最適の品種を提供しています。この日は甘さと香りが際立つとちおとめ。至福のひとときを味わいました。

山元町特産リンゴでコンポートづくり

「幸街堂」にて町内洋菓子店さんの指導で甘いリンゴ煮をわいわい楽しく作りました。山元町のリンゴは昔ながらの直売所販売が多く、その確かなおいしさが評判です。

ツアー最後に、感動の体験

山元町役場敷地内の「ふるさと伝承館」では、被災地で見つかった写真を展示・返却しています。ホールで町内の和太鼓集団「風雲乱打舞」が演奏を披露。体の奥底に響く太鼓の音に、参加者は元気をもらいました。訪れた人がメッセージを書いた「幸せの黄色いハンカチ」を、地元の皆さんが手で掲げてツアー一行を見送ってくれました。

農業生産法人
株式会社GRA
須藤洋さん

イチゴ狩り、満喫できましたか

GRAは、山元ならではのおいしいイチゴをつくろうと、スキルをもったスタッフが一生懸命育てている施設です。実際に来ていただいて、たくさんのことを知っていただきたいと思います。最高のおもてなしで歓迎します。今回もそんな気持ちでイチゴ狩りを提供しました。

一般社団法人
ふらっとーほく代表
阿部結悟さん

訪れた人に町の良さを発信

山下地区の空き店舗を活用した交流拠点「幸街堂」の運営をさせていただいてます。地場産品の展示や教室を開いたり、ここで町の人がいろいろな活動をしています。リンゴ煮づくりをしながら、山元町のことや地元の人のことも知っていただく場になれたらいいなと思います。

山元町を深く知るツアー 参加者の声

胸にしみた小学校前での語りべさんの言葉

長女が春から関東の大学に進学するので、その前に家族一緒に何か行動する機会を持ちたいと参加しました。雪が積もった小学校の前での語りべの渡邉さんの話は、子どもを持つ親として胸に迫るものがありました。子どもたちも感じとっていたようでした。われわれ残されたものは災害の時の備え方、逃げ方を次の世代に伝える責任があるという言葉がとても印象深かったです。

福島市
石井 英幸さん、あずみさん、かえでさん、こずえさん(左から)

地元の人情や味にふれ大切な縁が広がった

大阪から参加しました。地元の人の人情にふれ、おいしいものを食べ、参加者の皆さんともお話しでき、貴重な体験をさせていだきました。震災後被災地にはボランティアツアーで何度か来ました。何もなければ来なかったかもしれない土地に、こうして来ることによって大切な縁がつながり、広がりました。これからも何か力になれることがあればいいなと思っています。

大阪市 篠原 佳代子さん

来てみてよかった 山元町の今がわかった

東京でFMラジオ番組の制作をしています。番組で各地の災害FM放送局さんと電話をつなぐことがありますが、山元町のりんごラジオさんとは電話できていませんでした。行ってみた方が早いと思って参加しましたが、ほんとうに来てよかった。地元の人の話を聞いて山元町の今がわかりました。語りべの会の渡邉さんのような方が、この町で先頭きって活動していてくれて頼もしいと思いました。

東京都中野区 河野 幸恵さん

東京では、復興はもう終わっていると思いがち

震災直後、岩沼市にボランティアで来たことがあり、その後女川町や仙台市も訪ねました。東京では震災の情報は原発関連のニュースぐらいでほとんど出てこないため、終わったものと思われがちです。今回、山元町の様子を直接確かめたかったので参加しましたが、復興はまだまだ進んでいなかったということがわかりました。被災場所を見学した午前中のプログラムはすごくよかったですね。

東京都品川区 佐藤 友紀さん

愛着ある山元に奥深さを感じた

宮崎の県庁職員として、震災直後は山元町で、現在は福島で業務支援を行っています。今日のツアーでは、中浜小学校建設時のかさ上げ工事が被災時の奇跡を起こした話や、和太鼓など、初めて知ることばかり。まだまだ奥が深いなと感じました。震災当時は日常が非日常になってしまったような光景ばかりだったので、いろんなところで復興が見えて良かったです。

福島県福島市 田迫 昭彦さん

シェアしてもらった山元を発信したい

安田菜津紀さんからツアーの情報を聞いたときから楽しみでした。何より「いいな」と感じたのは山元町の人たちと触れ合えたこと。自分たちが好きな町のことを、外から来ている私たちに一生懸命シェアしようとしてくれているんだということが伝わってきたし、震災時の具体的なエピソードを聞くことで自分の中でイメージを立ち上げていくという体験もできました。

東京都品川区
橘 采花さん(右)、橘 かおりさん(左)

5年が経っても支援を続けたい

東京のボランティア団体に参加して、山元町の方々に作ってもらったイチゴの形のエコたわしを販売し、売上を寄付するなどの支援を続けてきました。しかし震災から5年が経ち、自分の応援の仕方に迷いが出始めていました。今回ツアーに参加したことで、これからも支援を続けたいという思いを強くしました。常磐線が開通したら、また来たいと思います。

千葉県千葉市 朴 京淑さん

「忘れていないんだよ」と伝えたい

名取市閖上でボランティアをしていたときに山元町と縁のある方と知り合ったり、山元町でのボランティア活動を行うバスツアー企画に参加するうちに、山元町のことをもっと知りたいと思うようになっていました。「ボランティアバスを見ると、忘れ去られてないんだと思えて励みになる」と地元の方が言っていたのが印象的で、これからも機会があったら参加したいです。

静岡県沼津市 杉山 まゆ美さん

人々の前向きな姿に元気をもらった

震災以前はホッキ飯を食べに訪れたりしたこともありましたが、震災後は初めて訪れました。山元町の方々のホスピタリティ、そして復興に向けて進んでいこうとするその前向きな力に、私も元気をもらえたような気がします。県北を中心に被災地を回って心理療法を行っていますが、今後山元町を含め、自分に何ができるのかを考えていこうと思います。

東京都渋谷区 宮本 直樹さん

今回の「今できること」の紙面をPDFで見る