俳句(7/21掲載)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

【石母田星人 選】


竹伐つて背山に殖ゆる星の数   石巻市相野谷/山崎正子

【評】竹を伐って見通しのよくなった背山。きのうまで全く見えなかった星がうねるように輝いている。伐られた竹は、星を祭る七夕飾りになるに違いない。


ロボットの運んで来たる夏料理   石巻市桃生町/西條弘子

【評】配膳ロボットが活躍している昨今。その姿を詠んだ句は多いが、夏料理との取り合わせは新鮮だ。


立葵瓦礫の中に立ち上がる   東松島市あおい/大江和子

【評】下から順に咲く立葵。毎日見ていると愛着がわく。どんなに身近に感じても、心に沈潜するものがなければ作句の動機は生まれない。これは震災の年の花なのだろう。瓦礫の中の葵に勇気をもらった作者。


被災地を本籍としてかたつむり   多賀城市八幡/佐藤久嘉

磯の香の小道夏蝶前後して   石巻市渡波町/小林照子

不如帰僧侶の語る大津波   石巻市小船越/堀込光子

防砂林皆の力や緑映ゆ   石巻市水押/阿部磨

遠花火里の山河の匂ひかな   東松島市矢本/雫石昭一

南風吹くときは鯨の大欠伸   石巻市小船越/芳賀正利

滴りや遅れて開く水みくじ   松島町磯崎/佐々木清司

包丁をひたすら研ぎて梅雨入かな   石巻市駅前北通り/小野正雄

父の日や父の好みの時代劇   石巻市中里/佐藤いさを

袈裟懸けに闇を切り裂き蛍飛ぶ   石巻市元倉/小山英智

スモークツリー朦朧体の絵の如し   東松島市赤井/志田正次

形よき山の深緑川に映ゆ   石巻市広渕/鹿野勝幸

遠ざかるアイスキャンディー売りの鈴   石巻市中里/川下光子

白き皿ふたつポロンとさくらんぼ   石巻市丸井戸/水上孝子

鮎解禁自活する子に会いに行く   石巻市流留/大槻洋子

鹿避けの網張り詰める芒種かな   石巻市新館/高橋豊

渋団扇しぶとい王の逃げ一手   石巻市桃生町/佐藤俊幸

朝凪や寄せる波音ゆるやかに   石巻市門脇/佐々木一夫

颯爽と漕ぎだすペダル衣更え   石巻市湊/斎田流雲

宿坊の固き枕や明易し   東松島市あおい/下山慶子

梅雨深し入院までの日を数え   東松島市野蒜ケ丘/山崎清美

自家製のスイカ家族の笑い声   大崎市鹿島台/千葉梨杏

川柳(7/21掲載)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

【水戸一志 選】


税金が総裁選の弾に化け   石巻市新館/高橋豊

【評】政治とカネの伏魔殿。この上に5音を乗せればいつでも川柳になる。自民党幹事長が政策活動費として党の金庫から取り出した50億円は何に使ったか。金庫の金の大半は政党交付金という公金。つまり税金だが、使途非公表の実弾としてモノを言う。


上品山から絶景のはるかなる   石巻市中野/今野憲三

アパートに赤子泣き声ちょっといい   石巻市流留/和泉すみ子

リハビリの汗が実ってカムバック   東松島市矢本/後藤新喜

良さそうだ釣り場だよりが誘ってる   仙台市太白区/金野正郎

庭の紫蘇カツオの味を倍にする   石巻市湊/小野寺徳寿

解禁も磯焼け憎しウニ痩せて   石巻市水押/阿部磨

追肥して虫だけ太る無農薬   石巻市桃生町/佐藤俊幸

コラム: 山と海

 最近「弾丸登山」という言葉が目につきます。富士山を夜通し登り一気に頂上を目指すもので、十分な休息をとらずに登るため、体調を崩しやすいようです。英語では bullet climb となりますが、日本独自の現象なので、ちょっと説明が必要です。

   climbing a mountain esp. Mt. Fuji without rest along the way
   (特に富士山に途中休息なしで登る)

 さて、「山」を表す英語に mountain と hill とありますが、この二つはどう違うのでしょう。

 どちらも周囲よりも高くそびえる地形ですが、サイズ、急峻の度合い、標高などが異なります。 mountain は、周囲から急勾配で上昇し、登るのにかなりの労力を必要とする大きな地形。 hill は周囲から緩やかに上昇し、比較的登りやすい。

 石巻の「日和山」はどちらでしょう? 筆者の住んでいるところからは歩いて15分ほど。山に登っている感じはありません。

 同じようなことは「海」にも言えます。これもこのコラムで触れましたが、 ocean は「大洋」「外洋」のような広範囲の海を意味します。広々とした、どこまでも続くようなものです。

   大西洋: the Atlantic Ocean
   太平洋: the Pacific Ocean
   日本海: the Sea of Japan  など。

 sea は ocean に比べて狭い範囲の海を表します。

 山と海のどちらも関係する日本にいることは幸せと言えるかもしれません。

大津幸一さん(大津イングリッシュ・スタジオ主宰)

短歌(7/14掲載)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

【斉藤 梢 選】


夕月のささやくような空に問う余りある日をいかに生きるか   石巻市あゆみ野/日野信吾

【評】この日、作者は心に抱き続けている「余りある日をいかに生きるか」という問いを、空へと投げかける。自分のこれまでの生き方について考えたり、残りの時間について思ったりすることが、暮らしの中にはある。親しい人を亡くしたのかもしれない。そうであれば、なおさら死が身近に感じられ「余りある日」を意識することになるだろう。声にすることはない、心の中にある切実な思いを空を相手に静かに語る夕。月の様子を「ささやくような」と、表現できる感性に注目したい。月を見上げながら作者は思惟の人となる。


今日もまた老いを背負いて生きゆかんひと日の老いは僅かなれども   石巻市駅前北通り/津田調作

【評】93歳の作者だから詠める一首。老いゆく現実を受け止めて、日々を誠実に懸命に生きているからこその「老いを背負いて」。下句は、老いを嘆かず老いと向き合っているゆえの「僅かなれども」だと思う。「生きゆかん」は、自分自身への励まし。言葉を尽くして詠んだ歌が、時には自分を支えることもある。生きるための一歩一歩の意志を感じる。


長生きは嬉しき事か古き友ら逝きて時折夢で集いぬ   東松島市赤井/佐々木スヅ子

【評】生きているから見る「夢」なのだが、逝ってしまった友らと夢で会えるのは、嬉しいけれども切ない。「長生きは嬉しき事か」の表現は、さまざまな事を読者に考えさせる。複雑な胸のうちを表現している。


夕ちかく磯より帰り来る人の躰(からだ)逆光にふとぶとと見ゆ   女川町旭が丘/阿部重夫

【評】仕事を終えて磯より帰り来る人が「ふとぶと」と見えた。人間の逞しさを詠んでいて「逆光に」で、その時の様子が想像できる。描写力ある一首。


漁り火の見え隠れする青すだれ真鯛のあらい妻子(つまこ)とくずす   石巻市中里/佐藤いさを

麦秋の内陸過ぎて沿岸は緑広がる放棄地続く   石巻市流留/大槻洋子

竹の花百二十年我慢して自己破滅への道を選ぶや   東松島市赤井/志田正次

わが父の祥月命日穏やかに親父の歳を今日越えてゆく   東松島市矢本/畑中勝治

鉄骨とトタンの隙間を出入りする雀の番(つがい)のくちばしに餌   女川町浦宿浜/阿部光栄

風渡る里の竹藪笹のうた遠く雲雀の声も聞こえる   東松島市赤井/茄子川保弘

はりつめし蓮の葉はみな生き生きと浄土への舟か乗りて行きたし   石巻市南中里/中山くに子

これでもかと剪りし山吹の春の枝もこりもっこり黄色いスクラム   石巻市開北/ゆき

ばあちゃんのひじき煮好きと食進む昭和の味でひと役果たす   石巻市錦町/山内くに子

アスファルトの上にミミズの干涸びてなお容赦なく陽は照りつけて   石巻市向陽町/成田恵津美

こでまりが白で勝負の花咲かせさあ出来ましたウェディングドレス   石巻市西山町/藤田笑子

隣どうし同じ花ある庭眺めブルーベリーももう少しだねと   石巻市羽黒町/松村千枝子

凜と咲き朝日を仰ぐズッキーニ雄花よ続けと胸の急かるる   東松島市矢本/田舎里美

三陸路久々に娘(こ)らとする旅よ静(せい)なる潮風(かぜ)にカモメ飛び交ふ   石巻市飯野/川崎千代子

川柳(7/14掲載)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

【水戸一志 選】


不機嫌な顔で万札スタートす   東松島市赤井/佐々木スヅ子

【評】新札トリオの中で注目度ナンバーワンは万札の渋沢さんだろう。その顔が不機嫌そうとは、よくぞ言った。お札は日本銀行券。日銀が長引く円安に打つ手を持たないだけに、この川柳的観察眼は褒められるべきだ。印象が変わって見える日はいつになるか。


抜け道を再構築か自民党   石巻市伊原津/福原伸行

子らの手がシナイモツゴを守り抜く   東松島市赤井/志田正次

夢に見た年金暮らし今悪夢   東松島市矢本/畑山講也

大谷に現実逃避するわれら   石巻市あゆみ野/日野信吾

今の蚊はプーンと言わず刺しにくる   石巻市蛇田/鈴木醉蝶

参加することに異議あり都知事選   石巻市須江/阿母礼

火のつかぬライター擦る岸田さん   東松島市赤井/片岡シュウジー

俳句(7/7掲載)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

【石母田星人 選】


誰が折りし蛙百匹デイルーム   石巻市流留/大槻洋子

【評】折り紙の蛙が百匹。季語にこだわる向きにはこの蛙は季語ではないと言われそうだ。しかし私にははっきりと聞こえる。窓外の田で鳴く蛙たちの声が。


雲の峰給湯室に小さき窓   松島町磯崎/佐々木清司

【評】夏空にむくむくと雄大に盛り上がる入道雲。その動きを、狭い給湯室の小窓に閉じ込めてしまったようで楽しい。詩的で印象鮮明な句に仕上がった。


億年も琥珀の中の黒き蟻   石巻市小船越/芳賀正利

【評】久慈産の琥珀だろう。まだ恐竜がいた時代、樹脂に埋もれ化石化した蟻。まさにタイムカプセルのような趣だ。上五の「も」に作者の思いがこもる。


波音の変る刻あり慈悲心鳥   石巻市中里/佐藤いさを

桜桃忌未完の遺作耽読す   東松島市赤井/志田正次

背を伸ばし列乱さずに青田かな   石巻市広渕/鹿野勝幸

鳶は輪を大きくゑがき麦の秋   石巻市相野谷/山崎正子

暮色とは北上川の麦の秋   石巻市桃生町/西條弘子

白鷺の命中狙うS字かな   多賀城市八幡/佐藤久嘉

万緑や巣立ちの口の大宇宙   石巻市開北/ゆき

海底の盛り上がり来る箱眼鏡   石巻市吉野町/伊藤春夫

敷居越しのどくだみの花不眠症   石巻市中里/川下光子

掻掘やバケツ片手に兄を追い   石巻市新館/高橋豊

友が逝き思い出ひとつ夏芝居   石巻市桃生町/佐藤俊幸

桜桃の樹々迎へ来るバスの旅   石巻市丸井戸/水上孝子

鍵開けて光の春へ出でゆきぬ   石巻市駅前北通り/小野正雄

夏来たる絆まつりの城下町   石巻市蛇田/石の森市朗

杜若文学館の碑は丸く   石巻市恵み野/森吉子

木の芽あえ母の香りも混り込み   石巻市門脇/佐々木一夫

初営業差し出す名刺若葉時   石巻市湊/斎田流雲

木下闇先にありしは鰻塚   東松島市野蒜ケ丘/山崎清美

浜昼顔素顔のままでおままごと   石巻市流留/和泉すみ子

庭の百合支えのなくて頭垂れ   石巻市水押/阿部磨

海鞘が来た夏の夕べを抱き込んで   石巻市駅前北通り/津田調作

初物の西瓜いつこを食ひ尽くし   石巻市向陽町/成田恵津美

川柳(7/7掲載)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

【水戸一志 選】


捕獲熊山に逆送何でだろう   石巻市大街道東/岩出幹夫

【評】森のクマさんが住宅街に現われ一騒動。近年、どんどんエスカレートしている。死亡事故も多発。クマと人との関係は史上最悪となりつつある。首尾よくわなにかかったクマをわざわざ山に連れ戻すのは何故。厳重注意しての放免でもあるまいが。


知事選に旨みあるのか蟻の列   石巻市渡波/阿部太子

孫たちが銃かついでる夢を見た   石巻市向陽町/佐藤功

我が人生脇芽ばかりを思い出す   石巻市桃生町/佐藤俊幸

朝焼けや真っ直ぐ妻の顔照らす   東松島市矢本/奥田和衛

川の字に寝た子ら今は音さたなし   石巻市三ツ股/上品夢好

蚊を打てば老いののろさをバカにされ   石巻市渡波町/小林照子

スマホ出し娘の教えマジに聞く   石巻市開北/安住和利

コラム: 七夕選挙

 7月7日の都知事選挙に向けて、東京は今、盛り上がっているようですね。知事一人を決めるだけなのに、これほど関心が高いのはどうしてか、不思議なくらいです。

 「知事」はサンスクリットの「カルマ・ダーナ」( karma-dāna )が語源とされています。仏教寺院で雑事や庶務をつかさどる役職の名として用いられていたようです。これが仏教伝来とともに中国語に入ってきた。「知」は「つかさどる」の意。「知事」は中国において地方行政官庁の長を指す官職名になったのです。

 英語では governor と言いますが、古代ローマの属州やイギリスの海外領土では「知事」ではなく「総督」と訳されることも。日本では、明治維新の過程を経て地方行政の長を「知事」と呼ぶことが制定されていきました。

 「選挙」は英語で election 。語源は、ラテン語の「 eligere 」で、これは「選び出す」や「選択する」という意味をもちます。 vote は「投票する」、 poll は「投票所」「投票数」、 ballot は「投票用紙」「無記名投票」を表します。

 今回の都知事選。あまりの過熱ぶりに織姫も彦星も苦笑いしているかも。

 七夕は奈良時代に中国から日本に伝わったもの。英語で説明するのは難しいようです。

   Tanabata is on the 7th July every year.
   We write our wishes on a strip of paper and put it on a bamboo tree.
   (七夕は毎年7月7日です。
   短冊に願い事を書いて竹に飾ります。)

大津幸一さん(大津イングリッシュ・スタジオ主宰)

短歌(6/30掲載)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

【斉藤 梢 選】


波あとの母のタンスと十三年娘(こ)がひょいと置く粗大ゴミ処理券   石巻市開北/ゆき

【評】津波の跡のある「母のタンス」と、作者は十三年の年月を過ごしてきた。東日本大震災という災禍は、十三年経た今もなお人々の心に痛みを残す。あの時のことと、あれからの日々のことを、この一首は静かに語っているようでもある。捨てないできた、捨てられないできたタンスを処分することにした作者の心情を思う。「娘(こ)がひょいと置く」の「置く」がさりげない。手渡すのではなく「置く」に、母への気遣いが感じられ、読むほどに作者の気持ちに寄り添いたくなる。


ひょいと来た息子を亡夫と錯覚し胸の動悸がしばし止まらず   石巻市向陽町/成田恵津美

【評】突然にやって来た息子さんに、亡きご主人の面影を見たのだろう。「動悸がしばし止まらず」のその実感を、即詠的に詠む。作者の心の中には、いつでも「夫」がいて、だからこその「錯覚」。「ひょいと来た」の初句の置き方が良く、感情を自然体で表現していて「動悸」が読者にも伝わってくる。日常生活の中での出来事を、このように言葉で表わして残せるのは、短歌という器が常に胸にあるから。


ランドセル母にあずけて一年生 草むらいじり幼子になる   石巻市流留/大槻洋子

【評】「幼子になる」という捉え方がいい。草むらを夢中でいじっている時は、幼い姿に戻る「一年生」。「一年生」という具体がとても効いてる。ランドセルを背負っている時の頑張りをも想像できる。


雨に濡れ色を変えずに咲く姿まこと一途な白きアジサイ   東松島市赤井/志田正次

【評】七変化とも呼ばれる紫陽花。咲きながら色を変えるのではない、白一色の紫陽花も魅力的。「白きアジサイ」の姿を「一途」だと詠む。季節感ある作品。


イヤホンをはずして空を見上ぐれば深き鼓動と深き呼吸と   東松島市野蒜ケ丘/山崎清美

雨の日の庭に咲きたる矢車の心深くに沁みいる青さ   東松島市矢本/川崎淑子

地方紙にて短歌仲間の訃報知る遺した作品われの奥底に   石巻市あゆみ野/日野信吾

ほおのきの白の花びら羽根九枚飛びたつように空を眺むる   石巻市湊東/三條順子

夕焼けが胸にぽとりと落つる時浮かびくる海の色さまざまと   石巻市門脇/佐々木一夫

カチカチとメトロノームの音響きポツポツ雨が合わせて歌う   石巻市西山町/藤田笑子

作業着の合羽の破れ繕いて濡れる窓見る雨まだ止まず   東松島市赤井/茄子川保弘

大空にブルーインパルスハート描く恋は成就か儚い愛か   石巻市蛇田/櫻井節子

畑畝に部屋割りをして初蒔きの大豆にそっと黒き土かく   石巻市羽黒町/松村千枝子

震災を生かされた子は反抗期響く言葉を夫婦で探す   石巻市恵み野/森吉子

仏壇の写真はみんな身じろがずじっと今の世みつめているか   東松島市矢本/畑中勝治

純白のドレスを纏うアイスバームバラの宴に妃(ひ)になり出でます   東松島市矢本/田舎里美

老いるとはこういう事かと想いつつ庭に生えたる雑草(くさ)を引き居る   石巻市駅前北通り/津田調作

お手本の百人一首なぞり書き書いては消してようやく一首   仙台市青葉区/石田良子